2021年8月25日水曜日

これもピザジャンルに入れてよいのか?ピザまん

こんばんは、こうちゃんです。

こちらピザメニューの内と言ってよいのか微妙なラインではありますが、
日本独自のピザアレンジ料理?で、

ピザまん

という代物があります。


こちら主にコンビニ登場で有名になった、
レジ前定番の人気のまんじゅうシリーズの中のひとつで、
瞬く間に人気の出たアレンジ商品です。

ふかふかのまんじゅう生地の中にトマトソース、チーズメインのピザの具が入り、
耳の部分はなく、それはまんじゅう生地が相当している、というアレンジまんです。

コンビニでも人気ですし、
最近では自作レシピなども公開され、ご家庭で作られるがんばっているファンの方も。


こうちゃん

2021年2月2日火曜日

ボリュームたっぷりで有名なシカゴピザ

こんばんは、こうちゃんです。

分厚くでっかくておいしいシカゴピザのご紹介を。


日本の宅配ピザなどにはまず登場しないので珍しいメニューですが、
お店などではボリューミーなピザとして登場することも。

シカゴ風ピザ(シカゴふうピザ、英: Chicago-style pizza)とはシカゴで発展した方式のピザで、数種のバリエーションがある。そのうちもっとも有名なディープディッシュ・ピザは、深さのある焼き皿で焼くためクラスト(生地)の縁が高くなっているのが特徴で、それを容器として大量のチーズと塊状のトマトソースを載せることができる。ほかのタイプとしてはスタッフト・ピザや薄型のピザがある。


ディープディッシュ・ピザ (deep-dish pizza) が一般的なピザともっとも異なるのは、名前が示すようにクラスト(生地)が深皿のようになっている点で、フラットブレッドではなくパイに似た分厚いピザである。ただし、典型的なシカゴ風ディープディッシュ・ピザではクラスト自体の厚みは薄めか中程度である。

ディープディッシュ・ピザを焼く丸いスチール製焼き皿(パン)は、一般的なパン・ピザ用の焼き皿よりもケーキ用・パイ用のものに似ている。焼いた後に外しやすいように、焼き皿にはあらかじめ油を引いておく。これにはクラスト表面が揚げられたようになる効果もある。クラストに黄色みを出すため、生地には通常の小麦粉のほかにコーンミールやセモリナ粉、もしくは着色料を加えることがある。生地を焼き皿の側面に押し付けてボウル状の形を作り、その中に具材を層状にたっぷりと入れる。


トッピングが厚いディープディッシュ・ピザは焼き時間が長く、チーズなどを表面に載せていると焦げてしまう。このため具を載せる順序は普通のピザとは逆になる。生地の上にはまずチーズ(多くはモッツァレラの薄切り)を敷き詰め、その上にペパロニやソーセージなど好みの種類の肉を載せる。ハンバーガーパティのような肉を平らにならして入れる場合もある。その上にはタマネギ、キノコ、ピーマンなどの具も載せられる。一番上にはまだ火を通していないソースをかける。潰したトマト缶から作るソースが一般的である。ときにはその上からパルメザンチーズを振りかけて風味を付ける。いったんピザを切り分けるとソースや具の水分でクラストがふやけてしまうため、持ち帰りや配達のピザは切らずに提供するのが普通である。


よろしければこちらにもまとめてありますので、
ぜひご覧になってみてください。


こうちゃん